株式会社レオパレス21様

■お話しを頂いた方

株式会社レオパレス21

コーポレート業務推進統括部
WBS営業推進課 次長 西村康裕様
WBS営業推進課    吉岡香奈様

■mediPhone導入の背景をお教えください。

海外赴任者向けのトータルサポートサービスとして、
「ワールドビジネスサポート(以下、WBS)(リンク)」を展開しています。
レオパレス21は、国内事業については、ある程度認知度は高いのですが、
海外事業は、実は2002年から展開しているものの、まだまだ認知度が低いのが現状です。
国内事業と国際事業のシナジー創出を目的に、2015年8月からWBSを立ち上げました。

海外赴任をする方々や海外に進出する企業の皆さまに対し
様々な面でのお手伝いをしたいと考えています。
そのためにはサービスラインナップを充実させることが重要だと考えました。
実際、サービスラインナップをどういったものにするか
様々なお客様と接してニーズを探っていたところ、
生活に密着した医療や、いわゆる住環境の悩みがとても多かったんです。
住宅の手配などは元々のサービスとしてできていたのですが、
一方で医療については、ノウハウがまったくない状態でしたので、
最適なサービスを提供してくれるところを探していました。
それがメディフォンでした。


最初は、セミナーに参加したり、企業の担当者にヒアリングしたり、
情報収集していたのですが、やはり赴任者様の目線を大切にしたい、
そう考えたんですよね。ですから、赴任者様やそのご家族さまの声を
できるだけ多くヒアリングしました。

海外赴任に直面したタイミングでは、例えば渡航前の予防接種などの事前準備は、割とみなさん対応されるんですよね。
赴任を会社単位でサポートする、会社で保険に加入するというのも、
とても重要なことですが、私たちがお手伝いできるところではないのかな、と。
それらは、後々なにか大きな問題があったときに、「あってよかった。」というものだと思うんです。
ただ、実際現地に赴いたあと、医療ニーズに直面した場合、
すぐ連絡できて、すぐ回答をもらえる、というのが必要だと思ったんです。
だからこそそんなサービスを作ろうと思いました。
「気軽に医療サービスを使える」ということで安心感があることをWBSから赴任する方々に伝えていきたいですね。

■どのような領域でのお問合せが多いですか?

海外進出企業の種類としては、本当にさまざまです。 個人事業主の方から数千名規模の企業までありますし、 業種としては物流や流通、小売りが多い印象でしょうか。 東京の企業が多いですが、昨今は地方企業のパッションがとても高く、 今後も増えてくると予想しております。

■医療サポートサービスの今後の展開を教えてください。

法人向けや留学生向けのサービスは拡大していこうと考えています。
それぞれが抱える課題を、解決できるソリューションを提供していきたいと考えています。
住居を提供するだけではなく、地域密着型の課題や実際に住む方の悩みなどを
解決できるような、ワンストップサービスをレオパレスプラットフォームで
構築していこうと思っています。
それを実施するには、医療サポートは必要不可欠だと思っているので、
強化していきたいと考えています。

私たちは、居住者の目線に沿ったサービスを 常に考え、提供していきたいと考えています。
世界中どこにいても、レオパレスプラットフォームがあれば、
住むところだけでなく、海外の困りごとなどもすべて解決できるような、
そんなサービスにしていきたいと思うので、 「医療」の部分は、ぜひご協力お願いしたいです。

■mediPhoneへの期待をお聞かせください。

レオパレス21は、2017年3月期には、海外拠点20ヶ所を目指しています。 サポートセンターへの問い合わせもいろんな言語で増えています。 現在、アジア・ASEANに15拠点を展開しておりますので、 それに合わせて、mediPhoneもより多くの言語に対応にしてほしいですね。 (現在、mediPhoneは12か国語対応)