ニュース記事

愛知県安城市の電話通訳システム業務受託のお知らせ

PDFはこちら

医療通訳サービス「my mediPhone」、クラウド健康管理システム「your mediPhone」等を提供するメディフォン株式会社(東京都港区、代表取締役:澤田真弓、以下「メディフォン」)は、令和 4 年 4月 1 日より愛知県安城市から、電話通訳システム業務(以下、「本件業務」)を受託しております。

本件業務において、当社の提供する医療通訳サービス「my mediPhone」を利用いただくことで、愛知県安城市内の外国人市民からの多言語による電話相談業務を円滑に実施し、外国人の暮らしの不安の軽減と生活の利便性の向上を目指します。

【本件業務の概要】

履行場所   安城市役所
提供機能2地点3者間通訳・2地点3者間通訳
対応言語11言語(英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・ネパール語・インドネシア語・フィリピン語(タガログ語)・スペイン語・ベトナム語・タイ語・ロシア語)
対応時間午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日及び年末年始を除く)

【医療通訳サービス「my mediPhone(マイメディフォン)」  概要】

医療者と外国人患者の円滑なコミュニケーションを実現する、医療に特化した 「医療通訳」+ 「機械翻訳」 サービスとして、医療機関を中心に約87,000機関に導入頂いております。国内最大級の登録医療通訳者数を誇り、希少言語含む最大30言語に対応することで応答率99%超を達成、電話回線とアプリ活用で院内のどこからでもご利用頂けます。2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞。

【メディフォン 概要】    https://mediphone.jp/

電話やビデオを通じた遠隔医療通訳サービス”my mediPhone(マイメディフォン、https://mediphone.jp/mymediphone/)”、医療従事者向けの外国人患者受入れ関連の研修・セミナーの開催などの事業を展開し、医療機関の外国人患者受入れ体制整備を包括的に支援しています。核となる遠隔医療通訳サービスでは、医療機関のみならず自治体や医療団体への導入も進んでいます。さらに、2021年には、2億円の資金調達を経て、これまで培ってきた知見・ネットワークを生かした健康経営・予防医療に貢献する新事業としてクラウド健康管理システム”your mediPhone(ユアメディフォン、https://your.mediphone.jp/)”を立ち上げました。ミッションは“医療における言語障壁を解消する”。

【本プレスリリースに関する報道機関のお問合せ先】

メディフォン株式会社  MAIL: info @mediphone.jp / TEL:03-6426-5451

年別アーカイブ

カテゴリー