ニュース記事

熊本市多文化共生社会の整備のための基礎調査業務受託のお知らせ

PDFはこちら

医療通訳サービス「mediPhone(メディフォン、https://mediphone.jp/mymediphone/)」を提供しているメディフォン株式会社(東京都港区、代表取締役:澤田真弓、以下「メディフォン」)は、熊本市多文化共生社会の整備のための基礎調査業務(以下、「本業務」)を受託しております。

2019 年の出入国管理及び難民認定法の改正により、熊本市においても新しく創設された「特定技能」資格での外国人労働者の増加や、2024年末に予定されている TSMC の進出による在住外国人の増加が見込まれることに対し、熊本市においても、よりニーズにあった新たな受入環境の整備が必要となっています。

また、本業務では、海外からの交流人口を増やし、投資を呼び込むなど地域の活力向上と都市の成長につなげる海外展開及びその土台となる多様性や創造性を育む地域の国際化を戦略的に進め、世界に認められる「上質な生活都市」となるため、熊本市在住外国人を対象とした基礎調査を実施いたします。

メディフォンでは、遠隔医療通訳サービス「mediPhone」等で培ったノウハウ・ネットワークを活かし、本業務を通じて熊本市在住外国人の生活環境と現状・課題を把握し、より在住外国人が暮らしやすい住環境整備に貢献します。

メディフォン株式会社について     https://mediphone.jp/

電話やビデオを通じた遠隔医療通訳サービス「mediPhone」(メディフォン、https://mediphone.jp/mymediphone/)、医療従事者向けの外国人患者受入れ関連の研修・セミナーの開催などの事業を展開し、医療機関の外国人患者受入れ体制整備を包括的に支援しています。

核となる遠隔医療通訳サービスでは、医療機関のみならず自治体や医療団体への導入も進んでいます。

さらに、2021年には、これまで培ってきた知見・ネットワークを生かした健康経営・予防医療に貢献する新事業としてクラウド健康管理システム”your mediPhone(ユアメディフォン)”を立ち上げ、2022年5月にサービス名をmediment(メディメント、https://mediment.jp/)と変更いたしました。

企業理念は『多様な人々が支え合い、共に成長することで、新しい社会システムの構築に貢献する』。

◆医療通訳サービス「mediPhone(メディフォン)」 について https://mediphone.jp/mymediphone/

医療者と外国人患者の円滑なコミュニケーションを実現する、医療に特化した 「医療通訳」+ 「機械翻訳」 サービスとして、医療機関を中心に約87,000機関に導入頂いております。

国内最大級の登録医療通訳者数を誇り、希少言語含む最大31言語に対応することで応答率99%超を達成、電話回線とアプリ活用で院内のどこからでもご利用頂けます。

2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞。

【本プレスリリースに関する報道機関のお問合せ先】

メディフォン株式会社  MAIL: info@mediphone.jp / TEL:03-6426-5451

年別アーカイブ

カテゴリー