メディフォン資料ダウンロード

感染症対策×外国人患者受入れ|リスクを防ぐための6つのポイント

日本にいる外国人数の増加に伴い、
外国人患者さんの来院を前提とした感染症対策の実施が求められています。

感染症対策においては、
言語の違いだけではなく、感染症に関する文化の違いや制度の違いを考慮に入れることが重要です。

本資料では外国人患者さんの来院を前提とした感染症対策のポイントを解説します。


▼本資料の内容

・外国人患者受入れにおける感染症に関するリスク事例
・日本と海外の医療に関する文化の違い
・外国人患者さんから感染対策への協力を得るためのコミュニケーションのポイント



▼本資料の紹介


下記フォームにご入力ください(1分)

お電話でのお問い合わせも承っております

平日 9:00-18:00

050-1721-6333